logo

ブログ

blog

SEOチェキ!の5つの機能と使い方を押さえてSEO対策をしよう

SEOチェキ!の5つの機能と使い方を押さえてSEO対策をしよう

SEOチェキ!は、SEOに関するあらゆる情報を収集できる無料ツールです。

外部リンク対策が有効な時期に開発されたツールのため、SEOチェキ!の機能を理解しつつ使い方を押えることでSEO対策が行えます。

本記事では、SEOチェキ!の使い方について解説します。

目次

SEOチェキ!とは

SEOチェキ!(せおちぇき)は、ホームページやWebサービス作成を行う個人が制作した無料ツールです。初心者におすすめのSEOツールで、操作が簡単に行える点からも効率的にデータ収集ができるので多くの方が利用しています。競合サイトを分析・比較するのにとても役立ちます。

SEO!チェキの特徴

  • 手軽に利用できる
  • ひとつのIPアドレスあたり、1日200回までという利用回数の制限
  • 多くのデータを取得できる
  • ブックマークレットが用意されている

ブックマークレットとは、ブックマークから起動した時にブラウザ上で簡単な処理を行ってくれるプログラムです。調査対象のWebページを開いた状態でブックマークからSEOチェキ!にアクセスすると、サイトの情報を自動的に調査します。

SEOチェキ!の機能紹介

SEOチェキ!で必要となるものは、「SEOをチェックしたい対象のWebページURL」「対策キーワード」です。この情報を入力し、チェックボタンをクリックすると選択した機能の情報を取得できます。

5つの機能

  1. サイトSEOチェック
  2. 検索順位チェック
  3. キーワード出現頻度
  4. 発リンク
  5. Whois情報

詳しく解説します。

機能①:サイトSEOチェック

サイトSEOチェック

サイトSEOチェックでは、「自社サイトのSEO状況を総合的にチェックできる」機能です。

チェックできる項目

  • 基本チェック項目
  • 追加チェック項目

基本チェック項目

基本チェック項目では、次のものを調査できます。

基本チェック項目

  • title・meta description・meta keywords・h1タグ
  • 発リンク数(内部リンク・外部リンク)
  • 最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間
  • Alexaランキング
  • Google・Yahoo!のインデックス数
  • 利用ホスト
  • ドメインの登録年月日
  • 各ディレクトリの登録状況
  • Facebookの「いいね!」の数
  • ソーシャルブックマーク登録数

中でも、「Title」「h1タグ」「検索順位」に注目しましょう。上位表示したいキーワードをタイトル名に含まれているか、h1タグを使って見出しをマークアップしているかという点を確認します。そして、キーワードで検索順位は何位なのかをチェックすることでどのようなSEO対策をするか施策を考えられます。

meta description(メタディスクリプション)は、検索結果に表示される文章なので、ユーザーが訪問するかどうかを判断する材料となります。非常に重要な文章なので、客観的に確認をすることがおすすめです。

追加チェック項目

追加チェック項目では、次のものを調査できます。

追加チェック項目

  • 検索順位
  • キーワード出現頻度
  • 発リンク一覧
  • Whois情報
  • HTTPヘッダ情報

「HTTPヘッダ情報」では、サーバーからのHTTPレスポンスヘッダ情報(読み込むリソースについての情報や、そのリソースをリクエストしているクライアントに関する詳細な情報)を表示します。HTTPプロトコルのバージョン、サーバーソフトウェア種類、ページの最終更新日時など、Webページに不随する情報を確認できます。

機能②:検索順位チェック

検索順位チェック

検索順位チェックでは、サイトSEOチェックの追加チェック項目に含まれますが、SEOチェキのメイン機能の一つとして搭載されています。自分のWebページが検索結果で何位に表示されているかを簡単にチェックできる機能となっています。チェックしたいURLとページの対策キーワードを入力してチェックします。

対策キーワードは、3つまで入力することが可能です。関連キーワードでも上位表示できているかを確認したい場合にチェックしましょう。検索順位を調べる時に、GoogleとYahooの検索順位を動画面で表示されます。SEO対策の方針を定める上で欠かせないキーワード順をストレスなく即座にチェックできる有能な機能なので活用しましょう。

日常的に実施できる便利な項目で、Googleでは「〇位」「圏外」と表示され、Yahoo!では、10位までしか表示されません。指定キーワードで上位を狙う時には頻繁に確認することがおすすめです。

機能③:キーワード出現頻度

キーワード出現頻度

キーワード出現頻度チェックは、Webページ内で頻出するキーワードの「回数」「出現率」「総単語数」がわかります。つまり、調べたいページが軸としている「テーマ」「内容」なのかを確認できるので、重要なキーワードの出現頻度を高めることでSEO対策に繋がります。もし、「重要なキーワード」の出現頻度が低い場合、Webページと検索クエリと関連性が低くなっている可能性があるので、出現頻度を上げる対策をとりながら、コンテンツ内容を改善しましょう。

「キーワード出現頻度」は、以前ほど重要視されていません。ですが、Webページのテーマを強調するために考慮すべき指標となります。この機能を活用して表示される単語の「対策キーワード」「共起語」などの語数や比率を考慮してSEO対策を行うことが大切です。結果、検索結果で、上位表示を目標とするためのポイントになります。

機能④:発リンク

発リンク

対象のWebページから別ページへジャンプするリンクの状況を確認できるツールです。発リンクとは、Webページからサイトの内部ページもしくは、外部サイトのリンクしていることを言います。通称では、内部ページへの発リンクを「内部リンク」と良い、外部サイトへのリンクを「発リンク」と呼ぶ傾向があります。

  • 外部発リンク数、内部発リンク数:外部サイトや内部サイトへどれくらいリンクされているのか
  • nofollow発リンク数:初リンクにnofollow属性がどの程度設定されているか
  • 発リンクのリンク先URLアンカーテキスト

上記の点を確認できます。アンカーテキストは、ユーザーがリンクをクリックするかどうかを判断し、リンク先の内容を把握するための文章(テキスト)です。

アンカーテキストタグ:<a href=”URL”>アンカーテキスト</a>

発リンクチェックにアクセスして、実際にチェックしたいページURLを入力して確認しましょう。関連性のある良質なページに対して適切なアンカーテキストでリンクをしていれば問題はありません。ただし、リンク先ページの内容と関係ないアンカーテキストでリンクし、質の低いページのリンクが多ければ、発リンクしているページの評価に悪影響が及びます。悪影響が及ぶと、結果的に検索順位が思うように上がらなくなってしまうので、nofollow設定をしてリンクを無効化する手段もあります。nofollowリンクは、ページ運営者が意図的につけるタグで、検索エンジンのクローラーに「このページリンクをたどらないで」と伝えるために重要なタグです。信頼できないコンテンツにリンクする時やSEOに必要のないページを効率的に省けます。

その他、良質なリンク先がないかを検討して、コンテンツを修正しましょう。ユーザーの利便性を高め、Googleに評価されるために重要となるので、発リンクの数やそのアンカーテキストとリンク先ページの内容を考慮して、発リンクの質を高めましょう。

機能⑤:Whois情報

Whois情報

Whoise情報は、ドメイン登録者の情報を取得して確認できます。ドメイン登録者名、ドメインを登録した年月日、ドメインの有効期限、状態など「ドメイン所有者の情報」をチェック確認できます。実際にWhoise情報を調べたいドメインやページURLを入力してチェックします。

ドメインがどの程度の期間運用されているのか、ドメインの年齢を調べられます。ドメイン年齢は、SEOにおいて注視される要素となり、ドメイン年齢が長くなると「ドメインパワー」が付きやすいです。ドメインパワーは、サイトのドメインについているパワーやSEOに有利に働く力のことを言います。中古ドメインを購入してドメイン年齢がある程度高く、経歴が優良なドメインで順位が付きやすいサイトを運用するSEO対策方法もあります。

競合サイトのドメイン運用歴をチェックして、サイトのドメインがどの程度強いかを把握する目安になります。SEOチェキの「Whoise情報」は、ドメイン状態を確認して、運用歴を考慮しながらSEO対策を進めます。

SEOチェキ!の活用方法

SEOチェキ!は、Webページに関係する様々な情報を取得できます。実際にどのようなことに活用できるのか、具体的に活用方法について解説します。

活用方法

  • SEOの内部対策に役立てる
  • 効果検証に役立てる
  • 重要なキーワードのSEO施策に役立てる
  • リンクの質を高める
  • ドメイン年齢をチェックする

SEOの内部対策に役立てる

サイトSEOチェックの機能を用いて、SEO内部対策を行いましょう。上位表示させたいキーワードが、titleやh1に含まれているかを確認します。h1~h6までの見出しタグを駆使しながら、検索エンジンに認識されやすいHTML構造にすることが大切です。

効果検証に役立てる

検索順位チェック機能を使って、自社サイトの各ページごとに設定した「上位表示したいキーワード」が実際に何位に表示されているのかを確認できます。つまり、上位表示されていないのであれば、自社サイトの中から上位表示されない原因を見つけ出し、改善をしていきます。よいコンテンツにアップデートすることが大切です。

重要なキーワードのSEO施策に役立てる

キーワード出現頻度機能を活用して、「重要なキーワード」のSEO施策に役立てましょう。重要視しているキーワードの出現頻度は予想通りの結果になっているか、重要なキーワードの出現頻度があまりにも低い場合、上げる対策を取らなくてはなりません。出現頻度が低いからという理由があっても、闇雲に出現頻度を上げるとペナルティになる恐れがあるのでやめましょう。また、やたらと「重要なキーワード」だからと言っても、たくさん散りばめられているとユーザーにとって読みにくくなってしまいます。検索ユーザーの検索糸を考慮しながらタイトル・コンテンツ内容を見直して改善しましょう。

リンクの質を高める

発リンクチェックを活用して、リンクの質を高めましょう。アンカーテキスト、リンク先ページの内容がちゃんと合っているのか、適切に表現されているか、という点を確認して発リンクの質を高めることに役立ちます。キーワードの精度を上げ、SEO内部施策・SEO効果を出すアプローチに繋がります。

ドメイン年齢をチェックする

Whois情報でドメイン年齢を確認しましょう。そのドメインがどの程度運用されていたのかがわかることで、ドメインパワーがどれくらいのものかを判断できます。Googleの公式発表では検索順位にドメイン年齢は影響されないとしています。ですが、新しいドメインサイトよりも2年以上運用されているサイトの方が評価が良い傾向があると言われているので、一概に影響が全くないということではないかもしれません。

SEOチェキ!でデータ取得後、次に繋げる方法

SEOチェキ!を活用した後、自分たちの力で有効的な施策を考えられるかどうかは、とても重要です。知識がなければうまく活用できないかもしれません。そんな時は、AMewZにご相談ください。SEO対策万全でメディア運用のお手伝いをさせて頂きます。

次に繋げる方法

  • SEOのためのサイト構成の改善
  • 高品質なコンテンツの提供・リライト
  • 効果の高い施策の実施

次に繋げる方法について簡単に紹介します。

SEOのためのサイト構成の改善

検索エンジンで上位表示されるためには、サイト構成を改善していく必要があります。現在のホームページはどのような状態になっているのかを見て、レスポンシブデザイン化、SSL化、Wordpress化、ブログ・コラムの設置などの改善を行います。レスポンシブデザインは、ユーザーのデバイスに関係なく、同じURLで同じHTMLコードで構成されていても、画面サイズに応じて表示を変えられるデザインのことです。構築時に推奨されている代表的な構成を実現した上で、必要な構成や技術的対応を行っていきます。

高品質なコンテンツの提供・リライト

コンテンツの質を高めることで、検索順位を上げられます。SEOの中核となっているのが、コンテンツの質を上げることです。流入させたいキーワードの調査・選定を行い、テーマに合ったユーザー目線の高品質なコンテンツの提供、既存コンテンツのリライトを行っていきます。適正なキーワードに対して提供し、コンテンツ提供後も対策を実施することが大切です。

効果の高い施策の実施

アクセス解析を行うことで、アクセス数やキーワードごとの流入数の実施しましょう。合わせて、PDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Action:改善)による高い効果の施策を実施することが大事です。どのような目的をもってSEO対策するのか、アクセス数・キーワードごとの流入数などのあらゆるデータをもとに、施策の結果を振り返りましょう。そして、PDCAサイクルを実施し、効果の高いSEO対策を考えることが大切です。

まとめ:SEOチェキ!を活用してSEO対策をしましょう。

SEOチェキ!をうまく活用して、サイトのSEO状況を把握しましょう。検索順位のチェックをして、自社サイトが上位表示したいキーワードで何位に表示されているのかを知ると、どういったSEO対策を行えるか検討できます。

もし、SEOチェキ!を利用しても対策方法がわからなかったら、AMewZに相談ください。SEO対策を行ったコンテンツ制作など、悩みを解決べ導く方法を一緒に考えましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする