logo

ブログ

blog

【初心者向け】SEOの内部対策と外部対策で成果を出すために知っておきたい知識

【初心者向け】SEOの内部対策と外部対策で成果を出すために知っておきたい知識

SEO対策は、Webサイトの内容を検索エンジンにコンテンツ内容を正しく伝え、検索結果においてキーワードで上位表示させられるようになります。

ここでは、内部対策・外部対策について成果を出すために知っておくべき知識について紹介します。実践方法などを含めて、SEOの基礎知識を学んでいきましょう。

目次

SEO対策とは

SEO対策は、検索結果で自社サイトを上位表示させるために最適化するための対策をおこなうことです。リスティング広告という方法で検索結果上位に表示してもらえる方法もありますが、リスティング広告では広告費を払って上位表示させるのでコストがかかります。SEO対策では、コストをかけても上位表示されることが約束されていませんが、効果が出れば多くのコストを掛けなくても上位表示できるようになります。

SEO対策では、検索エンジンの評価を高めることが重要となります。中でも、「内部施策」「外部施策」があり、どちらもSEO効果に繋がる大切な要素です。Webサイトの最適化を行うことで、より多くのキーワードを上位表示させ「自然検索経由」の流入数を増やせます。自然検索とは、Google・Yahoo!などの検索エンジンを利用したユーザーが、検索した時に「検索エンジンの仕組みによって抽出されたWebサイトが表示される」仕組みのことです。

SEOについてもっと知りたい人は、『SEOとは?初心者にもわかりやすく解説!』をご覧ください。

YahooとGoogleのシェア率

検索エンジンのシェア率

(参考データ:gs.statcounter.com

日本の検索サイトの主流は、「Google」「Yahoo!」です。この2点でSEO対策ができていると良いと言えます。しかし、実際は「Yahoo!」で運用している検索エンジンはGoogleの検索エンジンを借りている形となるため、「GoogleのSEO対策」ができれば、総じてSEO対策ができていると言えます。ただし、Yahoo!は、Yahoo!の保持する独自の検索結果(コンテンツや提携先の情報など)を差し込むので、その点を理解しておきましょう。

検索ユーザ層の特徴

GoogleとYahoo!を利用する検索ユーザー層の特徴があります。主に、「Google」は若年層、「Yahoo!」は高年層が利用している傾向があります。

また、若い世代はGoogleの使用率が高く、Yahoo!を使用するユーザーは40代以上になると増えていくようです。

「ググる」という流行語が登場したように、Googleで検索をする流れが若い層である点と、スマートフォンから使用する「検索アプリ」でGoogleを使用する点からも若年層に寄りやすいのかもしれません。

SEOの歴史

SEOの歴史についても簡単に紹介します。

過去の対策:テクニック寄りの対策

現在と比べスパム行為が幅を効かせていました。Googleはユーザーにより良いコンテンツを提供するためにあらゆる手段を用いてWebサイトの評価を行っています。評価のロジックが今よりも難解ではなかったため、「被リンク(外部リンク)が多いWebサイトほど上位表示されやすい」と言われていました。被リンクを多く集めているページは評価が高いページだろうとGoogleのロジックがあったため、過去は沿う考えられていました。

ブラックハットSEOという方法で、「被リンクを使えば上位表示される・順位が上がる」「文字数が多い方が評価が高い」などという考えのSEO対策がなされていました。Googleが評価するロジックを探し出し、SEO対策を集中的に行うことで「Webサイトが優良である」と誤認させる方法でした。Googleは、こういった方法に対して策を講じているため、イタチごっこの繰り返しになっています。(Google非推奨のリンクプログラムへの参加に当てはまるので『ガイドライン』を参照ください。)

今のSEO対策:本質的な対策

Googleが目指している形(=本質)での対策をとる傾向があります。Googleが目指す形に近づくためのSEO対策を行うことで、質の良いコンテンツを上位表示させられるようになります。

Googleが掲げる10の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

(引用元:Googleが掲げる10の事実

第一に、「ユーザーファースト」を掲げています。ユーザーにとって「良質なコンテンツ」を上位表示する方が利用しやすいという点から、第一に掲げています。自社ページの表示速度の改善や被リンクの有効性など、検索ユーザーが情報を収集しやすい環境にすることが重要です。中でも被リンクについては、「良質なコンテンツ」であれば、多くのコンテンツからリンクを張られるので、どれくらい良質なコンテンツを提供しているかが明確となります。Web上で、多く語られているSEO効果について本当に効果があるかどうかは「Googleの理念」を理解することで見極められることでしょう。

質の高いコンテンツ(検索結果)を求めているので、ユーザーが入力した検索キーワードに対して、より良いコンテンツを検索結果として返し、ユーザーの満足度を高めたいと考えています。質を高めるために、「パンダアップデート(旧名:ファーマーアップデート)」「RankBrain」を取り入れましょう。継続してコンテンツを発信することで、検索からの流入を増やし、Webサイトの露出を多くしていく対策が大切です。

  • パンダアップデート:品質の低いコンテンツを検索結果に表示されにくくすることを目的としたアルゴリズム更新
  • RankBrain:Googleが検索クエリに潜むユーザーが本当に知りたい情報に対して、人工知能を用いて適切なコンテンツを検索結果に表示させるアルゴリズム要素のひとつ

単語メモ

  • 検索クエリ:ユーザーが検索したときに実際に使用した単語や単語の組み合わせ)

スマートフォンを意識したSEO対策

以前までは、PCページのコンテンツをもとに検索順位を決定した点から、スマートフォンページのコンテンツをもとに検索順位を決定するという「モバイルファーストインデックス」方針が導入されています。(参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ

PCページとスマートフォンページを同一URLで表示しているサイトでは、PCページが上位表示されているのに、UIの観点からスマートフォンページでは掲載していないコンテンツがあった時、スマートフォンでの順位がPCページで決定している流れから、スマートフォンの検索結果で表示されないという事態が発生します。スマートフォンユーザーにとって、PCでしか見れないコンテンツというのは困る事態です。

過半数の人がスマートフォンから検索をする流れがあるなら、スマートフォンページをもとに検索順位を決める方がよいという見解がGoogleの考え方です。つまり、スマートフォンから見やすいWebサイトを作ることに力を注ぐ必要があるかもしれません。

具体的に、スマートフォン対応のWebサイトを作成することなどが考えられます。スマートフォン対応していないページは、文字や画像が見えにくかったり、リンクやアイコンの誤タップなどをしてしまったりするので、ユーザーにとってストレスになります。

  • パソコン向けのページとは別にスマートフォンページを作成する
  • レスポンジブウェブデザインを採用したホームページを作成する

などの対応が考えられます。「レスポンジブウェブデザイン」を採用することで、スマートフォン・PCどちらのデバイスで閲覧しても自動的に見やすいレイアウトに最適化されるので運用負荷が軽減されます。

SEO対策する前に押えておくポイント

SEO対策を行う前に押えておくポイントがあります。SEO対策を行えば万事解決!というわけではないので、まず大事なポイントを押えた上でSEO対策をしましょう。

ポイント①:効果が出るまでに時間がかかる

SEO対策は地道な努力が鍵です。SEO対策を行っても、すぐに結果が出ることはなく、コンテンツを継続的に改善する必要があります。改善を繰り返すことでSEO効果を実感できるので、具体的には親切したWebサイトは半年~1年、SEO対策を続けてきた既存Webサイトは最短1ヶ月が目安と言われています。長期的なSEO対策を行い、じっくり堅実に取り組むことが重要です。

ポイント②:長期的計画を立てる

SEO対策には、長期的なコンテンツ更新・改修などが必要なので、多くの時間やお金・人手が必要となります。短期的にコンテンツを強化しても一時的な成果しか繋がらない恐れがあります。そのため、長期的な計画を立てて継続的にコンテンツを改善(ブラッシュアップ)していくことが大切です。長期的な計画を立てましょう。

ポイント③:目的を明確にする

SEO対策では、「目的・目標」を明確にすることで、対策の立て方(方針)が変わります。「商品・サービスの特性」「ターゲットのニーズ」などから、PV(訪問者数)を伸ばすのか、CV(訪問者に対しての成果)を増やしたいのかなどの「Webサイトへの集客」から「何を目指すか」を明らかにすることが重要です。そこをゴールとした時にどういったSEO対策を行うかを検討するとコンテンツの内容も変わってきます。

ポイント④:SEO対策ツールを使う

SEO対策は、「キーワード調査」「効果測定」が欠かせません。SEO対策として取り組む内容(業務)がとても多くあるので、正確なデータを収集するためにもSEOツールを導入することがおすすめです。詳しくは、『SEO対策に役立つツール』を参考にご検討ください。

また合わせて、SEO対策ツールの一つ『SEOチェキ!の5つの機能と使い方を押えてSEO対策をしよう』もあるのでぜひ参考にしてください。

内部対策

SEO対策では、上位表示を実現するために「内部対策」を重要視して行うことが大切です。内部対策をしっかりと行わないと、検索エンジンにコンテンツの内容を正しくGoogleに伝えられないので、正しい内部対策を行いましょう。

内部対策①:SEO対策の第一歩は「検索キーワード」

質の高いコンテンツを制作するためには、検索キーワードについての調査・理解が必要になります。検索キーワードを調査すると以下の点を理解できます。

検索キーワードの調査で得られるもの

  • ユーザーニーズの理解
  • SEO対策の優先順位付け
  • 上位表示時の想定流入アクセス数(PV)・想定売上額(CV)

キーワード選びはとても重要です。ユーザーニーズが視覚化されたものが「検索キーワード」なので、自社サービスや商品の強みではないものを検索キーワードに選択するのは勿体ない結果となります。「自社の強みとニーズをマッチさせること」「市場のニーズ」「優先順位」などが重要です。

内部対策②:良質なコンテンツを作る

Googleで考えている「良質なコンテンツ」は、ユーザーの満足度が高い「ユーザーニーズに応えたコンテンツ」のことを意味します。Googleは、検索結果に表示される広告によって収入を得ているので、多くのユーザーがGoogleを利用してくれるようにしなくてはいけません。結果、ユーザーの利便性を追求するようになりました。

「良質なコンテンツ」と評価してもらえると上位表示されます。良質なコンテンツ(Webサイト)を作るための評価する点は以下の内容です。(参考資料:ウェブマスター向け公式ブログ

評価されるポイント

  1. 記事に書かれている情報が信頼できるか、専門家やトピックを熟知した人物が書いているか
  2. サイト内に類似記事や重複記事がないか
  3. スペルミス、文法ミス、事実に関する誤りがないか
  4. ユーザーの興味に基づいて選択されたトピックが取り扱われているか
  5. 独自のコンテンツ、情報、レポート、研究、分析を提供しているか
  6. 類似ページと比較して、明確な価値があるか
  7. そのトピックに対して第一人者として認識されているか
  8. 外注により量産されている記事ではないか
  9. 広告がメインコンテンツを邪魔するほど過剰に掲載されていないか
  10. 記事に洞察ある分析や興味深い情報が入っているか

専門性、権威性、信頼性という点で評価されます。専門性では、Webページが専門的に特化しているか、権威性はWebページ作成者の影響力やどれくらい記載分野で多くの人に認められているかを意味します。また、信頼性は、Webサイトそのものに信頼できる企業・団体が運営してるかという点がポイントです。

内部対策③:サジェストキーワードからコンテンツの検討

サジェストキーワード

サジェストキーワードからコンテンツを検討しましょう。サジェストキーワードは、検索される頻度が高いキーワードで、入力したキーワードを含む検索キーワードです。Googleで検索した時に表示される候補キーワードで、一緒に検索されることが多いため、「ニーズの高いキーワード」であると言えます。サジェストキーワードを調べることで、「検索ユーザー」が何を求めているかを把握できます。

内部対策④:上位表示されているサイトのコンテンツ調査

上位表示されているWebサイトを調査することも大事です。上位表示されるということは、『コンテンツの内容が評価されている』ということに等しいので、分析をすることでそのコンテンツを超える内容を作ることを考えていきましょう。

比較するポイント

  • 上位表示されているWebサイトで、自社サイトが持っていないコンテンツ
  • 上位表示されているWebサイトで持っていないコンテンツかつ、自社で作れそうなコンテンツ

上位表示されているということは、ユーザーにとっても有益な情報が掲載されていると考えることが一般的です。つまり、このコンテンツ(Webサイト)を超えるコンテンツを提供することで、ユーザーニーズが上がることでしょう。ユーザーに評価されるコンテンツであれば、Googleからの評価も上がるので上位表示される可能性も高まります。

内部対策⑤:検索結果の最上位に表示する方法

検索結果の最上位に表示させる仕組みがあります。検索結果の最上位に表示させる方法は「強調スニペット」と呼ばれています。スニペットは、検索結果に表示されるWebページの情報の内、説明文の部分です。この強調スニペットを利用することで、ユーザーの注目度が高まります。検索順位1位のサイトよりも上部に表示されるので「検索順位0位」とも呼ばれます。

強調スニペットへの表示を獲得できると、流入数の増加が見込まれるものの自分でWebページを強調スニペットとして設定はできません。Googleのアルゴリズム次第で表示されることになるので、この点での対策は『簡潔で論理展開のコンテンツ』を生み出すことが重要です。(参考:強調スニペットとウェブサイト

外部対策

外部対策では、「被リンクの対策」が注目されていましたが、「リンク=評価」という考え方ではなく、コンテンツの質を向上させるために「リンク」による評価を得るため、効率的に被リンクを集めていくことを検討しましょう。また、コンテンツ分析を行い自然な被リンクを集めることが大切です。

被リンクを増やす方法

  1. 質の高いコンテンツを作成する
  2. 露出を増やす
  3. サイトにシェアボタンを設置する
  4. リンク切れページのリプレイスを狙う
  5. 自社クライアントの事例紹介記事を作成する
  6. 調査データをまとめた記事コンテンツを作成する
  7. 無料ツール・テンプレートを作成する
  8. インフォグラフィックを作成する
  9. 相互補完を目的としたパートナーシップを組む

などが考えられます。

上記の点を踏まえて、具体的にどういったことを行っていくとよいのか、外部対策について3点のポイントから解説します。

外部対策①:被リンク分析

自然な被リンクを集めるために、被リンクを分析することが大切です。外部リンクについて確認するのにおすすめのSEO対策ツールを活用することで効率的にデータを取得できます。競合サイトの外部リンク数、サイト内のどのページがリンクされているか、外部サイトはどこからリンクされているかを確認できます。

おすすめツール:ahrefs

ahrefs

SEO向けのツールで、被リンクの状況を表示したり、被リンクドメインの数を表示してくれたり、とどんなコンテンツなら被リンクが集められるかが分かるのでぜひ導入してみましょう。

外部対策②:シェアされているコンテンツ分析

ソーシャルメディアなどでシェアされやすいコンテンツを分析することが大切です。ソーシャルメディアでシェアをしてもらってもSEO効果に直結するわけではありません。Google公式で『SNSメディアでのシェアは直接的なSEO効果はありません。ソーシャルシグナルが、検索順位に直接影響が出ず、nofollowをシェアリンクにつけるようになっているため、順位上昇効果も望めない』という見解が発表されました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする